スポンサーリンク

メシウマ!私がコインチェック騒動で失うであろう損失を取り急ぎ公開します

シェアする

既に周知のことかと思いますが、仮想通貨取引所のコインチェックが約580億円不正流出させるという過去最大規模の被害が発生中です。

2018年1月26日、仮想通貨取引所大手のコインチェック社が、暗号通貨「NEM」の不正流出の疑いを受けて記者会見を行いました。
既報の通り、仮想通貨「NEM(ネム)」の不正流出が明らかとなり、NEMを初めとした仮想通貨の売買を中止している仮想通貨取引所「Coincheck」。サービスを運営するコインチェックは1月26日、その詳細を説明する会見を東京証券取引所で行った。23時30分にスタートした会見は(当初のアナウンスは23時開催)、27日1..

パスワードや二段階認証、コールドウォレットへの避難を行っていれば安心だと思っていましたがそれは個人保有の部分であって、今回はコインチェックがマルチシグと呼ばれるセキュリティ対策をしていないことにより保有しているネムがほぼ100%盗まれてしまったようです。
負け惜しみになりますが、仮想通貨自体は余剰資金で投資(投機)をしていたので仮にネムだけでなく他の通貨を引き出すことができないとしても諦めはつくのですが、まさか円(キャッシュ)まで引き出せなくなるとは思いもしませんでした。この部分に関しては痛い。ひじょーに痛いのです。

損失は約30万円

過去に利益確定した分や別の通貨購入のために海外取引所に送金していた部分を除くとコインチェックには約30万円分の資産が残っていました。内訳は以下のとおりです。

  • ビットコイン:5万円
  • イーサリアム:5万円
  • リップル:5万円
  • ネム:5万円
  • 日本円:10万円

ネムについてはほぼ絶望的でしょうが、他の通貨はどうなってしまうのでしょうか?銀行ならば預金保険制度(ペイオフ)がありますがコインチェックは最大100万円まで補償する「なりすまし」補償ですらプレスから半年以上放置したまま実施できていません
資産を信託銀行に預けている様子もないので状況を見守るしかありません。

ユーザーアカウントへの「不正ログインにかかる損失」を最大100万円まで補償。取引所Coincheckにおける「なりすまし」補償を開始

税金について

私は少額なので影響は皆無ですが、去年のうちに多額の利益確定をしてそのまま預けていた方は悲惨です。
国税は何らかの方法(支払調書やマイナンバー)で金の流れを把握してくると思うので、これからの確定申告にあたり納税額が確保できないという方がでてくるのではないでしょうか?血も涙もない奴らは必ず取り立てに来ると思われます。

今後の仮想通貨投資について

こうなってしまったからといって仮想通貨引退するつもりはありません。IIJの仮想通貨事業参入も決まって国内ではこれからますます盛り上がりを見せています。

 株式会社インターネットイニシアティブ(IIJ)は、合弁会社「株式会社ディーカレット」を設立し、デジタル通貨の取引・決済を行なう金融サービス事業に参入することを発表した。各出資会社と事業連携しながら、デジタル通貨取引のスタンダードとなるサービスの提供を目指す。

過去の利益やこれからの利益を考えると辞めるには惜しい娯楽なので月曜には別の取引所に追加入金してリベンジしてやろうと意気込んでます。
また皆様のメシウマ案件になりそうな事が起これば報告させていただこうと思います。