スポンサーリンク

ルミナスラックで水槽メンテナンススタンド自作

シェアする

網やらピンセットやらハサミやら、水槽のメンテナンス道具は日に日に増えていくばかりで、机の上がごった返してきました。
濡れたタオルをそのまま置いていると衛生的にもよろしくないので、今日はこの机周りをスッキリさせたいと思います。

出典 ADA – PRODUCTS

ADAのメンテナンススタンドみたいなのがあればいいのですが、今回はスチールラックを自作します。専門メーカーのルミナスで一式揃えました。

スチールラックNo.1ブランド唯一の公式通販【ルミナスクラブ】。メーカー直営店だからできる/圧倒的な品ぞろえ/長期保証/限定パーツ販売/法人見積もり・売掛対応/組立電話相談対応。オフィス・倉庫向けスチールラックから、メタル製ラック、家庭用収納ラック、キッチンワゴンまで取扱多数!【5,400円以上で送料無料&最短!翌営業...

パーツ総数

総パーツ数は20点もありませんが、これだけで総額1万円弱。なかなかの出費でした。

さっそく失敗

さあ始めるぞと意気込んだのも束の間、補強用に買った写真右のアジャスターの径が合いません。どうやら19mmのパイプに25mm用の物を誤って購入してしまったようです。
しょうがないので、最初から付属している写真左の脚をそのまま使うことにします。

組み立ては簡単

ルミナス製のラックの組み立てはとても簡単で工具等は一切必要ありません。
ポールの溝に固定用のパーツを取り付けてそこに棚をはめ込んでいくだけです。
強いて挙げるならこのハメコミ作業の時にプラスチックハンマーがあれば便利かなといったぐらいです。

それではどんどん組み立てていきましょう。

完成

微調整を繰り返しながら15分ほどで完成したのがこちら。
この後バスケットやフック類を取り付けます。
このタオル用のフックはADAにも無いオリジナル仕様です(笑)

これで机周りがスッキリ。耐荷重もかなりあるので今後は水槽台なんかも作れちゃうかもしれません。