スポンサーリンク

車のタイヤ交換はどこに頼む?ディーラーとカー用品店の見積もりを比較しました

シェアする

愛車ミライース、走行年数はまだ4年にも満たないのですが走行距離が5万kmを超えて、そろそろタイヤが交換時期かなという状態になってきました。

IMG_2742

そもそもタイヤの交換時期はいつなのか?

よく聞くのは5年・5万kmという数字ですが、メーカー等で言っていることは結構ばらばらだったりします。
例えばこちらのイエローハットでは3年・3万km。これはいくらなんでもメーカーがタイヤを売りたいだけの文句といか思えません(笑)

全国展開のカー用品販売イエローハットのインターネットサイト。タイヤ情報・豆知識のページです。イエローハット、カー用品情報、タイヤ、タイヤの豆知識のページです。

続いてブリジストン。こちらでは製造年数10年超えたタイヤは交換して下さいといっていますが「その年数は品質保証期間・期限を示すものでもありません。」との記載があります。

いずれにせよスリップサインがでてきたタイヤ、残り溝1.6mm以下のタイヤでの走行は法律で禁止されています。
これらを踏まえてマイカーのタイヤを点検。チェックポイントは以下の3つです。

  • 製造年数
  • スリップサイン
  • ひび割れ

製造年数

タイヤに刻印された数字を見ます。2012年製なので約3年前のタイヤということが分かります。

IMG_2746

スリップサイン

まだサインはでていません。今のところ溝の深さは充分確保されているようです。

IMG_2747

ひび割れ

サイドに細かいひび割れが多数ありますが地面の接地面には目立つひびはないのでまだまだ走れるようにも思います。

IMG_2748

さて車に関しての素人があれこれ悩んでも仕方ない専門家に任せようということで、ディーラー、カー用品店の計3社に行ってきました。
ミライースの初期装備はブリヂストンのECOPIA EP150というエコタイヤ。各社ではこれと同等のタイヤでの見積もりをお願いしました。

ダイハツでの見積もり

まずはディーラーで。当然今と同じタイヤでの見積もりだと思っていたら示されたのはヨコハマタイヤのECOSでした。

tire04
※画像引用価格.com

料金
タイヤ(4本) 23,600
交換料 4,000
バランス調整料 4,000
値引き -3,160
計(税抜) 28,440
計(税込) 30,715

続いてイエローハット

こちらではダンロップのエナセーブ。店員さん曰く、性能はECOPIAより上です。とのことでした。
タイヤの状態確認数秒で済んですぐに電卓を叩いて見積もり。内訳がわかりませんが値段は総額で26,840円。

tire02

最後はオートバックス

こちらは非常に丁寧に対応していただきました。タイヤの状態をじっくり確認、確かに年数はたっていないが走行距離が長いためあちこちにひび割れが見られる。まだ走行は可能だが、交換も勧めるとのアドバイスを頂きました。

提示されたタイヤは先のエナセーブの他、ブリジストンのエコピア、ミシュランのエナセーバーの3種類でした。

IMG_2738
tire01
tire03

ブリジストン ミシュラン ダンロップ
タイヤ(4本) 36,800 33,600 22,400
取付工賃 4,320
廃タイヤ処分量 1,000
値引き -920 -920 0
ゴムバルブ? 0 0 1,080
計(税込) 41,200 38,000 28,800

最安のミシュランのみ何故かゴムバルブ交換が含まれてました。
値段差はあるけれど安いからと言って性能が悪いという訳ではなく、軽自動車用に設計されているか否か?国産ブランドか?等の違いがあるということでした。
値段が高いブリジストンの方が運転時のブレは少ないということも教えてもらいました。

まとめ

ということでイエローハットでのダンロップエナセーブが最安という結果になりました。
価格.comでの評判も上々なのでこれに決まり!としたいのですがこれから年末に向けて各社セールを行うと思いますのでもう少し様子をみてから決定しようと思います。

メーカー 商品名 価格 最安店 転がり
抵抗係数
ウェット
グリップ性能
ヨコハマタイヤ エコス 30,715 ダイハツ A C
ダンロップ エナセーブ 26,840 イエローハット AA C
ブリジストン エコピア 41,200 オートバックス A B
ミシュラン エナジーセーバー 38,000 オートバックス